日清カップヌードル「DREAM!」おいしさのその先へ行きすぎてる感

日清カップヌードルのCMは前から木村拓哉を起用してエコを叫ぶという誰も否定できないような広告を打ち続けてたんですが、ついに度を超えましたね。もう壮大すぎてついていけなくなった。
日清の企業コピーが「おいしさの、その先へ」ということで、美味しさだけでなくもっと追い求めていることがあるのは解るんですが、おいしさのその先へ行きすぎている感が否めません。

日清カップヌードル「DREAM!」おいしさのその先へ行きすぎてる感

日清CUPNOODLE
(メニューのTVCMからアフリカ篇をどうぞ。直リンクはこちら

DREAM 夢こそが、明日をつくる。

アフリカ大陸、きれいなグラフィックを背景にキムタクがカップラーメンをすするCM。どんな制作意図があるのかなとちょっと調べてみました。

1971年に誕生したカップヌードルが、今年ECOカップに変わりました。
それは人と地球とおいしさのための進化。そして、ずっと世界中のお腹を満たし続けていくための進化でもありました。
そんな、新たなステージへ進んだカップヌードルが、2008年の今、世の中に伝えていくメッセージとして選んだのが「DREAM!」です。

まあ、なんか、環境のために今から意識かえていかないと、アフリカから誕生して旅立った人類もこの広大な自然も壊れちゃうよ!だからエコなんだよ!っていうのは解りました。

なんとも否定し難い内容だし、俺もエコ自体はとっても大事なことだと思うけど、・・

コンビニでバイトしてるけど、カップヌードルを買う人がそんなことを意識してカップヌードルをチョイスしてるとは到底思えない。安心、安全も大事だけど、カップラーメンってそんなセンチメンタルな気持ちになって買うもんじゃない。主にお金のない・時間のないひとの食べ物だし。

CM自体にはテレビの露出とキムタク起用の話題性でブランド認知度を保つっていう効果もあるだろうけど、内容も表現方法も遠まわしに複雑になってきて、そろそろ日清のただの自己満足CMになっちゃってる気がする。

「おいしさの、その先へ」
ちょっと先に行きすぎちゃってませんか、もう付いて行けないっす日清さん。

■ 今日のクリエイティブ広告論

広告コンセプト(=伝えるべきこと)が立派でも、遠まわしな表現方法になるとなにも伝わらない!

タグ: , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

8 月 30, 2008

Posted by: hirose

Category: 失敗CM

Tags: , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments (1)


タイ日清のカップヌードル、マッシュルームジェイ味

先日、ママーの豆腐&椎茸フレーバーを食べてみましたが、
今日は日本が誇るカップメンメーカー、日清のマッ…

Leave a reply