12 月 12, 2008

Posted by: hirose

Category: コンセプト

Tags: , , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

docomoの広告で解ること:やっぱケータイって男のツールだ。

docomoの広告で解ること:やっぱケータイって男のツールだ。 FOMAがなくなり、新シリーズに突入したドコモのケータイ。docomoのCMやポスター、電車内で新しい端末の広告を超目にしますが、あることに気づきませんか。 男3:女1。 iPhoneはおっさん男子の憧れだ、と過去に説きました。 iPhoneに限らず、ケータイっていうのは実はまだまだ男のツールなんですね。 …

10 月 22, 2008

Posted by: hirose

Category: CMソング, コンセプト

Tags: , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

ヤクルト・ジョア、「完璧な商品を広告するのは実は難しい」をクリアする好例

ジョア♪ヤクルトジョア♪誰のもの~♪ 深津絵里さんの歌声と振り付けが印象的なCM、みなさん見たことあると思います。新宿駅でもポスター貼ってあって、意外と大々的に宣伝してるんだなーとか思ってました。すごく良いCMだなぁと思いながら記事ネタにしてなかったのですが、やっと今日ご紹介しますね。 (廣瀬勝也のクリエイティブ広告論) CMのなかで伝えるべきことを絞りまくって、そのかわりに何か気…

10 月 19, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

ソフトバンクの父さんがiPhone買ったのはiPhone売れてない証拠

最近、ソフトバンクのホワイト家族シリーズで白い犬のお父さんがiPhone買ったって内容のCMを結構テレビで見かけます。 「なんで解ったんだ!?」「女の勘よ」 たぶんiPhoneの魅力にとりつかれちゃって、こっそり買っちゃったんだね。パパさん。 すぐにお母さんにばれちゃってやんの。 なんていうか、iPhoneのメインターゲットをうまく捉えている感じがします。 というのも、iPho…

7 月 23, 2008

Posted by: hirose

Category: コンセプト

Tags: , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

WILLCOM03のオシャレ広告、あれはおっさん向け

こんにちは、ケータイオタクの廣瀬勝也です。今日は、消費者のインサイトを見抜いたのか見抜いていないのかよく解らないけど、結果的に大きな成功を収めている広告事例です。 WILLCOMの最新スマートフォンWILLCOM03(ウィルコム ゼロスリー)のTVCMをご紹介いたします。スマートフォンとは、「ウィンドウズケータイ」とかとか呼ばれる、パソコンみたいにいろんなコトが出来るケータイのこと。WILLCO…

7 月 22, 2008

Posted by: hirose

Category: CM批評

Tags: , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

テレビが無くなる時、よりクリエイティブな社会になる

「池田信夫 blog」に次のような言及がありました。 ・今ほぼ100%あるテレビの世帯普及率は(購買力の高い若年層を中心に)20%ぐらい下がる可能性が高い。 ・これは「アナログTVからデジタルTVへの移行」ではなく、放送というビジネスの終わりの始まりなのだ。 ・これは若者にとってはグッド・ニュースである。彼らを搾取してきたテレビ局のボトルネック独占が崩れれば、多様なインフラに多くのクリエイター…

7 月 16, 2008

Posted by: hirose

Category: CMソング, アイデアCM

Tags: , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

時代はもうiPhoneじゃなくて「ポニョ」

ポーニョポニョポニョ魚の子~♪ 崖のぅえにぃ やあてきた♪ ↑時代はもうiPhoneと言いつつも俺もケータイ大好きっ子なのでこの記事面白かったっす。自分でカスタマイズすることが出来ない人じゃなきゃ買う意味がないというのは、WILLCOM03(俺の機種)とも似てますね。

7 月 11, 2008

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags: , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

iPhone表参道7時販売にみる計算された3つのメディア戦略要因

こんにちわ、廣瀬勝也です。 今朝起きたら朝のニュース番組がどんでもないことになっていた件についてお話します。ソフトバンクのしたたかな戦略とパブリシティー対策の強さを改めて認識しました。