1 月 24, 2009

Posted by: hirose

Category: CM批評

Tags: , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

今年のCM女王?「トヨタ3年ぶんください」の水川あさみが最近の注目株

参考:) ちょっと枯れた声が、やさぐれた女の役どころにピッタリといいますか、「夢をかなえるゾウ」のドラマで注目してたわけですね。 それが「トヨタ3年分ください」みたいな清潔感が求められる役でも全然いけんじゃん、とか思っちゃって。 上戸彩や相武紗季(あいぶさき)みたいに、可愛いだけじゃない魅力がこの人にはある。中毒性っていうのかな、ハマリ要素がある。 今年のCM女王としてガンガ…

12 月 30, 2008

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags: , , , , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

ガールネクストドアとエイベックスと電通が仕掛けた壮大なプロモーション、その結果は?

ガルネクことGIRL NEXT DOOR(ガールネクストドア)について、ちょっと一言言っとかなきゃ年越せないっす。 おっさんたち、知ってます?いまテレビを賑わせてる「GIRL NEXT DOOR」。アルバム15曲全部タイアップ(ドラマ、CM、番組エンディング等で流れまくり)にデビュー数か月で紅白出場、音楽大賞的ななにかで新人賞。 エイベックスが仕掛けた・・・ 電通が必死で押…

11 月 29, 2008

Posted by: hirose

Category: CM批評

Tags: , , , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

若者が車を買わない理由がわかる、ホンダ・オデッセイCMを見る2つの視点

なぜ若者は車を買わないのか?そんな議論をおっさんたちが必至こいてやってるわけですよね。今日は特別に若者代表・ひろせくんが、オデッセイのCMから若者が車を買わない理由を紐解くよ。 重要な部分を引用すると、 >「単なる道具」であれば別の選択もあるだろうけど、自動車はそうじゃないでしょ、という「クスグリ」を、自動車メーカーはさまざまに行ってきましたし、そのクスグリに消費者はこたえてきま…

10 月 5, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

GIRL NEXT DOORが昔のELTみたいでハッとするトヨタテクニカルディベロップメントのCM

会社名がやたら長くてタイトルもちょっと影響受けてますが、ちょっと前から流れてるトヨタテクニカルディベロップメント株式会社の企業CMが気になります。CMソングが良い感じで影響してるCMの事例ということで、見てみてください。 挑戦し続けるエンジニアたち。 発想をテクノロジーに変えていく CMの内容としてはトヨタの技術を支える会社として頑張ってます、っていう感じ。たぶん就職活動の時期…

8 月 31, 2008

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags: , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

エコ広告は成功・失敗が紙一重。日産が24時間テレビとコラボ「24 hours on the Planet」に学ぶ

ちょうど今「24時間テレビ~愛は地球を救う~」やってますが、第1回からスポンサーやってる日産が特設サイトを設営し、24時間のネットイベントを開催しております。ちょうど!今(8月31日朝)!ですよ。 面白いのが、日産自動車の従業員が自ら参加すること。 CGMならぬ、EGM: Employees Generated Media として日産の担当者も楽しんでいる模様。めちゃくちゃいい。今…

6 月 17, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

低燃費と迫力を効果的に表現。ダイハツ「ムーヴカスタム」TVCM

こんにちわ、廣瀬勝也です。 自動車メーカーといえばトヨタ、日産、ホンダ。では、国内の「軽自動車」メーカーで一番販売台数が多いメーカーはどこだか知っていますか? 実は「ダイハツ工業」なのです。ダイハツ工業はトヨタの連結子会社である関係上、軽自動車の販売を専門に展開しており、2007年にはスズキ自動車を抜き軽自動車の販売台数で国内首位に。 低燃費も流行りですし、いま波に乗るダイハツ工業。今日は「ムーヴ…

5 月 21, 2008

Posted by: hirose

Category: CMソング, アイデアCM

Tags: , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

トヨタ「シエンタ」共感してもらう広告

世の中には広告が無くても売れる商品というものがある。なんか「下町の老舗おせんべい」とかはそういう印象がある。クチコミやTVの取材とかで勝手に人が集まるのだ。 一方で広告が必要な商品もある。 今日紹介するトヨタの「シエンタ」は、製品を作る段階ですでに「かわいいときを走るミニバン」というコンセプトがあり、それを伝える広告が必要。下町の老舗おせんべいと違い、燃費がすごいとか運転しやすいとか情報が勝手に…