伊右衛門茶のカフェを京都にオープン、名スポットに。プロモーション戦略成功の秘訣は「人脈」。

サントリー伊右衛門茶のプロモーション事例。京都にお茶カフェ「IYEMON SALON KYOTO」を作って、旅行や外国の方々に人気のスポットとして成功した秘訣をご紹介します。

伊右衛門茶のカフェを京都にオープン、名スポットに。プロモーション戦略成功の秘訣は「人脈」。

IYEMON SALON サントリー

京都×サントリー伊右衛門茶のコラボレーションを、

このプロモーション事例の成功要因は、ずばり引立て役であるクリップ島田さんの活躍によるもの。
サントリーの依頼をうけ、京都三条烏丸の一等地にある、創業450年の京友禅の「千總(ちそう)」様を引き合わせることができたのは、ブランドデザイン設計から実行までを提案する、クリップ島田さん。

■クリップ島田さんとは…?

伊右衛門茶のカフェを京都にオープン、名スポットに。プロモーション戦略成功の秘訣は「人脈」。

CLIP INC - TopPage

ワールドワイドなお方なんですよ。明大の久米先生の授業でお話聞いて、メールしたら、ドバイから返事きたからね。ドバイ。石油でいまイケイケのとこですよ。きっと1000メートルの高層ホテルのうえのほうからメールくれたんだろうな。

京都の文化を、伝統と革新、伝統とモダンの融合をキーワードに、コラボレーションの仕掛け・文化発信を行っている島田さん。京都と東京のあいだの新幹線代は月に20万にもなるそうで。

伊右衛門茶のほかにも、京都×○○って感じで様々な事例を残しています。

ルイ・ヴィトン× 老舗風呂敷宮井、
カッシーナIXC × 洛中高岡屋の座布団、
京和傘、日吉屋の「古都里-KOTORI」ライト、などなど。

いずれも、成功の秘訣は、「人脈」。
アイデアだけでは出来ないプロモーションを、島田さんにお願いする。島田さんは「クリップ」と表現するのですが、京都の伝統をコラボレーションによってビジネスプロデュースし、世界に発信するプロモーションを引き立てるのです。

もとは雑誌「Number」の編集10年間で培った人脈、また人脈を形勢するためのノウハウがポイントだそうで。中田ヒデやイチローなど取材経験から海外でのご活躍が、いまの仕事につながっているそうです。

俺、最初この伊右衛門茶の事例を聞いたとき、

なぜサントリーが、島田さんに依頼したのか?
って疑問に思ったわけですよ。だって日本を代表する大企業のプロモーションがだよ、島田さんっていう個人に依頼するっていうところが納得いかんかったわけ。お話の結果はやっぱ人脈なんだなぁーっていうところなんだけど、そのノウハウをなんとこの度、書籍にするそうで、

「一流の人脈術」っていう本で、11月11日発売。
(またこのブログで情報を追わねば。)

プロモーション実行の影では、こういう、人脈で本だしちゃうくらいの方の活躍があったわけですよ。
ついつい、うちらはプロモーション事例とか見るとき、表向きのコンセプトだとかプロモーションがもたらす効果とか考えちゃいますが、それだけじゃないっていうことですよね。

クリップ島田さん、
次は何を「クリップ」してくれるのか。
廣瀬勝也のクリエイティブ広告論、注目していきますよ。

ということで、いくらアイデアが良くてもそれを実行するための力がないと実行できない、という、現場レベルで参考になるお話でした。

タグ: , , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

10 月 19, 2008

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags: , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply