ガールネクストドアとエイベックスと電通が仕掛けた壮大なプロモーション、その結果は?

ガールネクストドアとエイベックスと電通が仕掛けた壮大なプロモーション、その結果は?

ガルネクことGIRL NEXT DOOR(ガールネクストドア)について、ちょっと一言言っとかなきゃ年越せないっす。
おっさんたち、知ってます?いまテレビを賑わせてる「GIRL NEXT DOOR」。アルバム15曲全部タイアップ(ドラマ、CM、番組エンディング等で流れまくり)にデビュー数か月で紅白出場、音楽大賞的ななにかで新人賞。

エイベックスが仕掛けた・・・

電通が必死で押し出してる・・・

なんて言われてて、純粋に音楽やダンスのの凄さっていうのを感じることなく、お金の力だけでのし上がってる感じがとっても嫌な印象を与えています。
俺、こんなガルネクが怪しげなプロモーションを本格的にはじめる前にブログでピックアップしてたんですよね。
参考:GIRLS NEXT DOORが昔のELTみたいでハッとするトヨタテクニカルディベロップメントのCM

あのね、個人的にはガルネクの歌は好き。
だけど宣伝しすぎっていうところでいまいち、嫌悪感をみんなに与えてると思う。

そんなガルネクについて、
3つの視点から、事実とか俺の考えを書き連ねますね。

■広告プロモーション的には

個人的感想としては、電通の仕事っていうのは結局ガルネクのタイアップ先を探して東京中うろうろするようなことなのかな、って思いました。じゃあやっぱ電通いらね、的な。ここで思い出すのが、東日本企画のセミナーで社員さんがいってた「電通は、電通屋さん。広告屋は博報堂からだね」って言葉。
(いや、そもそも電通絡んでねーし!なんて事実があれば指摘頂きたい、単なるうわさですし)

でもまぁ、ここまで露出を増やせてニュースにもなって、あっという間にガルネクを日本中に知らしめた広報術(プロの技)には純粋にほれぼれします。

■俺の周りでは

全っ然!!!流行ってません

残念っ!!!
これが・・現実っ!!!

カラオケで歌われることもなければ、話題にのぼることもありません。
記事タイトルの「プロモーションの結果は?」っていう問いに対しては、二十歳前後の大学生のまわりでは全く流行ってない、って言うのが回答でしょう。
高校生とかのなかでは流行ってんのかな?

■どうやったら流行るか、俺的指摘

大衆ソングとしてお店なんかで流れてるぶんには素敵なソングだと思うし、ダンスが上手いのは素人目でも解る。カラオケで歌いやすい曲もある。ガルネクは純粋に技術高く、評価されてしかるべき腕を持ってる。
そんな「良い商品」を「良いプロモーション」で押し出したエイベックスからしたら、何で流行ってないのか意味が解らないかも知れません。

俺的にたったひとつずばり指摘させてもらうと、
ガルネクが流行らない理由は、

ボーカルの女の子が「強い女」系統の顔をしてるから

ガールネクストドアとエイベックスと電通が仕掛けた壮大なプロモーション、その結果は?

だと思うんですよね。(写真:ネットに出回ってる中でもっともドSな顔をしてる千紗さん)
なんていうか、大塚愛とか持田香織、浜崎あゆみみたいな「ゆるふわ系」「愛されガール」みたいなのが、結局は強いんじゃないかな、って。残念ながら思っちゃうわけで。なんか完璧すぎて好感がわかないっていうのかな。

もし千紗さんとかが今後歌番組とかにでてきたときに、

実はめっちゃいじられキャラのドM

とか新しい事実が発覚しちゃえば、いろんなひとに興味持たれるんじゃないかな、って思うんだけども、どうでしょう。

<関連>
こういうときに電通が根拠もなくやり玉に挙げられちゃってる現象についてこんな言葉があります。
まなめはうす#280751p1

タグ: , , , , , , , , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

12 月 30, 2008

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags: , , , , , , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply