浜崎あゆみがソフトバンクモバイルのCMに出演、から見る広告戦略、とか

話題性こと欠かさないPR上手なソフトバンクですが、ソフトバンクモバイルのCMに浜崎あゆみがでたということでニュースにもなりました。やっぱりケータイほど身近すぎるものは、じわじわ責める系の大量出稿&大量露出によって少しずつなんかその気にさせるようなCMがメインなわけですが、たまにカラーを変えるのもいいもんですね。

浜崎あゆみがソフトバンクモバイルのCMに出演、から見る広告戦略、とか

浜崎あゆみがソフトバンクモバイルのCMに出演、から見る広告戦略、とか

浜崎あゆみがソフトバンクモバイルのCMに出演、から見る広告戦略、とか

http://mb.softbank.jp/mb/special/ayu/

主演:浜崎あゆみ、宮史郎、室井佑月
商品名:softbankモバイル
会社:softbank
キャッチコピー:流れのあゆ

こういうカラーの変え方ってドコモもauもなかなかない気がして。話題の巻き起こし方も、そうでないときのコミュニケーションも、ソフトバンクに絶妙さを感じずにはいられません。そう見ると、国内市場というのは広い海で、ソフトバンクは「波を起こすなにか」なんですよね。で、波が起きて魚が動き出した・騒ぎ出したタイミングで一網打尽みたいな。

こういうコミュニケーション、なんかどこかでみたことがあります。
ある通販サイト制作&WEBコンサルティング屋さんとお話したときに「ネットって海ですよね」っていわれて。「で、波を起こしてお客様を獲得するから、ネット通販は漁業。」みたいな。「あーなるほど、うちはネットは不動産だと思います。一等地に店舗を構えて待つ、これです。」ってそのときは応酬して、ネット好き同士のいい話ができたなとにんまりしたわけですけど、CMが海だ。みたいな。
ちなみにネット通販が海とか不動産っていうのはマーケティングのプッシュ戦略かプル戦略かの違いなだけだと思うんですけど、波を起こして海でどーたらなCMは完璧にプッシュですね。それも全国規模レベルのとてつもなく大きいプッシュなんだなぁと改めて実感するわけです。さらに議論を深めると、波を起こせる権利を維持するのがTVだったり楽天だったりってわけで、それも逆に不動産だね、って議論がループしそう。

なんかソフトバンク×浜崎あゆみの話ができずに、CMの一般論になっちゃったけど、いいCMほど本質がわかる、ということで。ちなみに浜崎あゆみと上戸彩のからみって見たことないんだけど今後競演はないのかな。

10 月 13, 2010

Posted by: hirose

Category: PR事例

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website