ルーツ新CM「池田稔」(ミノル)篇が公開。やるせない気持ちにさせて笑いながらため息させる

「ルーツ飲んでGO」でおなじみの缶コーヒー・ルーツが新CMを公開しました。毎度おなじみのコミカルな感じはもちろん、今回はよりシュールな方向へ向かっています。

ルーツ新CM「池田稔」(ミノル)篇が公開。やるせない気持ちにさせて笑いながらため息させる

JT Roots
(TVCM「池田稔」篇をどうぞ)

日本は、外国人が思うより広い。

コーヒーのCMでこんなキャッチコピーはアリなのか!?って思うほど、意味不明なコピーですよね。一見。
でも「うまくいかない時も、ルーツ飲んで頑張れ」っていうブランドコンセプトを伝えるための”ストーリー”に付けられたキャッチコピーなので、ここらへんのコピーライティングはさすが。

CMタイトルが「池田稔」っていうのも新しいっすね。意味不明な感じだけど。

でも、それ以上にこのCMが面白いのは、
やるせない気持ちにさせて笑いながらため息をさせるところ。

坂口「アイ カムフロム トーキョー」
外人「マジで!?じゃあミノルしってる?池田ミノル!」
外人「眼鏡で!これくらいで!」

坂口「???あ・・・ノー・・・」

外人「アー・・・おう・・・」

やるせないぜ・・・

で、
このCMをテレビで見たとき、口元がややにやけながら、「はぁ~」って言ったんだよね。俺。くだらない笑いだとか、やるせなさを感じて。
するとどうなったと思う?

あ、缶コーヒー飲みて。

って思った。

まさか、だよね。まんまとCM見て缶コーヒー飲みたい気分にされてんの。

もしかしたら、「はぁ」とか「ふぅ」とか息をつくときに、缶コーヒーを飲みたくなるのかもしれない。ジョージアだかボスが雑誌で展開してるグラフィック広告でも、「ふぅ」っていうキャッチコピーを見たことがあるし(画像は用意できなかった)、そのメカニズムは缶コーヒー界のメーカーではもう解明されているということか。

今回のルーツも、そういうことなんでしょうか。
くだらない笑いから「はぁ」って吐息が漏れて、コーヒー飲みたい気分にさせる!そういう隠れ目的があったのか。そういう風にみると、過去のルーツCMたちもただのブランド好感度UPだけじゃなく、もっと奥深いものを感じてしまう。

ルーツ新CM「池田稔」(ミノル)篇が公開。やるせない気持ちにさせて笑いながらため息させる

・・・・考えすぎ?かな?

■ 今日のクリエイティブ広告論

缶コーヒーは、「はぁ」とか「ふぅ」とか言うと飲みたくなる!?

タグ: , , , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

9 月 28, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments (4)

負け犬ちあぼんの恋せよ乙女?!

10 月 4th, 2008 at 9:48 PM    


「池田ミノル」ってダレだ?!

実は、、、ちあぼんの父は「ミノル」なのだ。

なので、「さっき、TVで間違えられてたよ」という展開になるので…

負け犬ちあぼんの恋せよ乙女?!

10 月 4th, 2008 at 9:50 PM    


「池田ミノル」ってダレだ?!

実は、、、ちあぼんの父は「ミノル」なのだ。

なので、「さっき、TVで間違えられてたよ」という展開になるので…

bow

11 月 10th, 2008 at 3:48 PM    


坂口「アイ カムフロム トーキョー」
外人「マジで!?じゃあミノルしってる?池田ミノル!」
外人「眼鏡で!これくらいで!」
坂口「???あ・・・ノー・・・」

外人「アー・・・おう・・・」

実際、上の外人の会話は、英語?スペイン語?で何て言ってるんですか?

通りすがり

11 月 11th, 2008 at 2:39 PM    


URLからCMを見てみると、コーヒー農園で陽気なラテン系の農家だからブラジルという設定に思えます
なのでおそらくポルトガル語でしょう。

通りすがり失礼しました…

Leave a reply