プロミス「きんり、さげました」3秒間の脳内ハイジャック

今日はポスター広告。
きりんの頭が下がっている。「きんり、さげました。」電車の中吊りでも見かけますね。

プロミス「きんり、さげました」3秒間の脳内ハイジャック

わかりやすく、インパクト大。これは伝えたいことを伝える良い表現方法だと思いました。これを提案したクリエイターも、これでGOサインを出したプロミスの宣伝担当も、どっちも偉い!
「きりん」という文字は全く無いのに、脳内で勝手にきんり、きりん、きんり、きんり・・・と考えてしまいました。3秒くらい脳が乗っ取られてしまっておりました。勝手に脳が調合をとろうとするんでしょうかね。プロミスの企業カラーもうまく使われていてとってもクリエイティブ。

しかしキリンさんを探しにプロミスのWEBサイトにいったらそこには「大人のマナー」の広告が。物足りなさと共に、クロスメディアの重要性も肌で感じた今日この頃でした。(新金利は新契約者のみ対象で既存契約者に悪いからWEB上であまりやりたくないのかな?)

■ 今日のクリエイティブ広告論

「ん?」と思わせるコピーとグラフィックの組み合わせ。
脳内ハイジャックを上手く演出できれば、伝えたいことが伝わる。

タグ: ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

5 月 10, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply