大塚製薬UL・OS(ウル・オス)のCM、織田の裸を見てしまうのは誰しも少なからずホモっ気があるから

最近、大塚製薬のCM「UL・OS(ウル・オス)」の織田がちょくちょくテレビに出てきますよね。あの重厚感ある映像に引き込まれる人も多いのではないでしょうか。まだ見ていない人はちょっと見てみた方がいいですよ、これ。

大塚製薬UL・OS(ウル・オス)のCM、織田の裸を見てしまうのは誰しも少なからずホモっ気があるから

UL・OS(ウル・オス)公式サイト|大塚製薬

肌にはもっと 意味がある

大塚製薬の製品のCMなんですけど、
なぜBGMもぱっとしない、決して明るくないCMが、こんなにインパクトある表現方法に仕上がっているのでしょうか。

俺の予想にすぎませんが、

誰しも、ちょっとホモっ気がある。
このCMはそこをうまく突いたCMである。

ソフト、ハード、S、Mに限らず、ちょっとあっち側の世界を見てみたい、そんな欲求が誰しも心のなかにある。怖いもの見たさ、に似た感じでしょうか。

いきなり男同士の絡みは精神的にショックも大きいけど、
織田のカラダがCMで流れるくらいなら平気だ。そしてちょっと見入ってしまう。

ごくり…

その立派なボディだけを見つづける15秒間、
あなたは知らない間にホモの気を引き立てられている。

ちょっと見入ってしまうでしょ。織田のボディに。
「で、でも俺、ホモじゃないし!!!」
逆に。逆にだ。
普通の男が、女のひとのボディに魅入られるとき、「俺はノーマルだから女のひとに魅力感じるぜ」なんて思わないでしょ。普通に水着とか見ちゃうでしょ。

あなたが織田のボディを無意識に見入ってしまったというのは、
あなたの心の奥底にホモの気が少なからずあるということ。
そこで興奮できるかがホンモノのあっち側様とのボーダーラインだと思いますが、少なからず全男性にホモっ気があるということに関しては間違いないのではないか。

このCMを作ったひとは、
すべての男のなかにあるホモっ気という深層心理を見抜いていてわざとこういう映像を作り出したのでしょうか。

だとしたら、相当なセンスもってる。
実に考慮深いCMですね。

※女性視点でこのCM見たらどーなんでしょ。
※他の多くの男が「べつに織田のボディ全く見向きもせんし」って感じだったら逆に俺のホモっ気が疑われる、という危険な記事だね、よく見ると。

タグ: , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

10 月 17, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply