8×4キレイ 憧れパワーで財布の紐がゆるゆる化

ワキにスプレーをかける商品がすっかり定番カテゴリーとして認知されてから月日がたち、市場を開拓した8×4にもライバル商品がたくさん立ち並びます。
かつては、消臭スプレーといったネーミングはトイレとかに使われる印象を与えるため、女子高生が持ち歩けるようにデオドランドだとか制汗スプレーといった新しい呼び方をしたものです。また緑茶成分を押し出すことによる他商品との差別化、ブランディングによる差別化などを経て、8×4は進化を遂げてきました。

そんな8×4、次は新製品による「機能面」での差別化。新製品はワキをキレイに見せるという「8×4キレイ」(エイトフォーキレイ)。
同じ製品をプロモーションによって差別化を図るのではなく、マーケティング4Pを見直し、新製品を投入してきました。では、8×4キレイのCMは、機能をどのように伝え、どのように「欲しい!」と思わせているのでしょうか。心を動かすコツを、学んでみようと思います。

8×4キレイ 憧れパワーで財布の紐がゆるゆる化

8x4キレイ~汗とにおいを防ぐだけでなく、わきをキレイに見せる大人のデオドラント

(フラッシュ形式のWEBサイト。下のメニューからCMを閲覧できます)

ニオイカット、美肌プラスといった機能の紹介を自然に取り入れつつ、「キレイが私を輝かせる。」というキャッチコピーのとおり、8×4キレイがあるライフスタイルを提案している。
主演女優は、エビちゃんでおなじみ女性誌「」の人気モデル「西山茉希」。ただ単に訴求点をうまいキャッチコピーとともに流すだけなら、彼女じゃなくても誰でもいい。そこであえてモデルの西山茉希を起用する理由には、8×4キレイに対する憧れを作るという狙いがあるのではないだろうか。

人は、憧れがあれば財布の紐がゆるむものである。キレイな西山茉希による西山茉希なワキと、なんかカッコイイ彼氏がいる生活。大人な世界観。
女子高生ももちろんこの商品のターゲットだと思うが、女の子はキレイな大人の女性に憧れるので、西山茉希の起用で全然問題ない。むしろキャスティングは上手いと思った。

■ 今日のクリエイティブ広告論

憧れを生み出せれば、財布の紐がゆるみます。心が動きます。

日常生活で生かすとしたら。どう憧れを演出し、誰にどうなって欲しいですか?

タグ: , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

5 月 7, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments (1)


[...] ブログにおける適当なこと、っていうのは、学者とか評論家っぽいさも学術的かと思われる内容のことで、うちの記事で言うと昔書いたこういう記事を指します。(http://cmwalker.net/tvcm/idea/kao-8×4-nishiyamamaki-cm/) 広告のおべんきょう!的な内容を、稚拙な文章で学生が書いてもかなりおもしろくないものです。一方で、適当じゃなくて”本気”のブログ記事というのは、例え一般論からかけ離れていても、自分がどう思ったかを直実に書くことだと思っていて、それが批評系ブログでは大事なのかなぁって。 [...]

Leave a reply