DHCダイエット健康食品のCMで友近が脱いだのはインターネットでホットなあの法律のせい

(痩せてるように見えないのはきっと顔が大きいからなのかな・・・ゴクリ)

DHCダイエット健康食品のCMで友近が脱いだのはインターネットでホットなあの法律のせい

ダイエットアワード2009[友近のビューティ・ダイエットプロジェクト
http://dhc-diet.com/tomochika/

 

芸能人がダイエットして脱ぐっていうのは、ダイエット商品の良い広告手法っすね。
4月中旬に記者会見で話題になりましたが、最近またテレビCMが増えております。

コアリズムっていうダイエットDVDでくわばたりえがウエスト20センチ減!!とかテレビでずいぶん前から散々やってるのはご存じでしょうか。芸能人が痩せるっていうのはバラエティのトークでも商品名でてくるし、テレビ的にも露出が圧倒的だし、説得力もありますよね。
の友近においては、CMでかなりオンエアしているうえ、くわばたりえよりランク上の芸人さんじゃないっすか。これからがバラエティやニュース番組でどんどん露出してくるんだろうなぁとか思うと、壮大なコミュニケーション計画に、世の中がいかにお金で動くか感じてしまいます。

 
でね、が友近にダイエットさせた理由っていうのは

 

薬事法が原因だろうなって。

 

効果を過剰に伝えちゃいけない法律が絡んでる。
「絶対痩せる!」とか書いちゃいけなくて、特に今インターネットでの薬事法がホットなわけでYahooショッピングや楽天は大変な目にあってるらしいですけど。

 

そこで上手い逃げ方を皆さん考えるわけなんです。
「こういう成分を配合してます!」とか、「エステ業界で秘かなブーム!」とか・・
インターネットでのアフィリエイトやバナー広告も盛んな

DHCダイエット健康食品のCMで友近が脱いだのはインターネットでホットなあの法律のせい

gooの翻訳サービスでもよく見かけます。
そのまま購入できるページに飛ぶわけですね。
インターネットでの販売もめっちゃ力入れてます。そんなですから、

テレビCMもできて、「これを飲めば痩せる」って伝えることができて、インターネットでも掲載できる広告文句を考えていたことでしょう。

 

 

「友近が プロティンダイエットで脱ぎました」

ってキャッチコピーもそうだし、

30秒のCMのなかでも一度も

”痩せる”なんて言ってない。

 

 

完っ璧なCMだ。
薬事法に気を使ってるだなんて考えれば当たり前なんだけど、改めて認識してみるとその計算され尽くされっぷりと、効果がありそうな説得力に感動する。
完璧すぎる薬事法のすり抜け方、はさすが健康食品のプロ中のプロ。これを考えた広告マンもすげぇ!!

 

しかし、ダイエットさせられるタレントは大変だなぁ(笑)
芸能人のダイエットブームが一通り過ぎたら、次はもっとこの手法が過熱して、お肌いまいちなタレントの肌をつるっつるにして「この美容サプリでブラックマヨネーズの○○がこんなに綺麗になった!」とかやるんだろうか。

 

 

 

タグ: ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

5 月 24, 2009

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website