フランスパン工房のCMに学ぶ、上司や恋人を説得するテクニック

こんにちわ。上戸彩のカレンダーが欲しい廣瀬勝也です。
さて、フランスパン工房のCMみました?美輪明宏がコンビニ店員やってるやるです。

フランスパン工房のCMに学ぶ、上司や恋人を説得するテクニック

フランスパン工房 おやつカンパニー | TV CM

数多くあるCMでも、このCMは、かなり基本的でわかりやすいCM。

というのも、商品の特徴をなにか違うもので例えるっていうことは面白いCMの基本中の基本だったりするんですよ。フランスパン工房のCMでいえば、この商品の特徴は「フランスパンがチップスになった驚き。」そしてCMでは「どれくらいの驚きかというと、美輪明宏がコンビニ店員になってるくらい。」とオチをつけている。

もともと、べつにこんな表現方法をしなくても広告っていうのは成り立つんですよ。
「フランスパンがチップスになったよ!驚きだね!」って風に。

でも、これじゃクリエイティブじゃない。人の心に残らない。
だから「どのくらい驚きかというと、~」っていう風になにかで例えたりするんです。
ここにどれだけ面白いネタを挟み込めるかでCMの印象度もかわってきますよね。

美輪明宏がコンビニ店員という超ぶっとんだ設定のCMに見えますが、実はCMがひとの印象に残るためのかなり基本中の基本なテクニックだったりするわけです。

(大事なのは、フランスパンがチップスになるという技術が本当にどれくらいの驚きなのかが伝わるかどうかではなく、面白いかどうか。

そしてこのテクニックは、
CMだけでなく、日常のありふれた生活のなかでも用いることができるんですよ。

例えば、

フランスパン工房のCMに学ぶ、上司や恋人を説得するテクニック

上司:「この企画はどれくらい集客効果があるの?」

俺「はい、美輪明宏がコンビニ店員になる衝撃くらいの集客効果があります」

また違うシチュエーションでも。

フランスパン工房のCMに学ぶ、上司や恋人を説得するテクニック

恋人:「わたしのこと、どれくらい好き?」

俺「あぁ、思わず美輪明宏もコンビニ店員になっちゃうくらい、好きだぜ」

普段の会話のなかにもこうやってクリエイティブな表現方法をいれていくと、あなたの評価はうなぎ登り。間違いありません。
「どれくらい?」と聞かれたら、「例えば、~」とネタを差し込む。CMのテクニックを会話に盛り込んで、あなたも説得上手♪会話上手♪になっちゃいましょう。

タグ: , , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

11 月 28, 2008

Posted by: hirose

Category: アイデアCM

Tags: , , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply