なぜ新幹線には広告がないのか?

それは、

(1)東日本企画のやる気がゼロだから。
(2)東日本の社員はみんな電車が大好きであり、新幹線は神聖な場すぎて広告など設置したくない。

なぜ新幹線には広告がないのか?

こんにちわ、廣瀬勝也です。
今日は、マスメディアンの小野さんに誘われ、東日本企画(東日本専門の広告会社)のセミナーに行ってきました。

JEKI - 株式会社ジェイアール東日本企画

東日本企画『人事担当者と語る!少人数の座談会』にうちのサークルの後輩も連れていきました。
他大学の広告研究会の方々もいて、見知らぬ土地でセミナーを受けるような緊張感はあまり無くリラックスしながら参加できました。

なぜ新幹線には広告がないのか?

(表参道のビル。宣伝会議の上のフロア。写真は座談会あったとこ)

内容としては、「東日本企画」という広告会社の業務説明。その後、質問会。
質問会では交通広告について興味深いことがたくさん聞けたので、ちょっとここで特に印象深かった2つをピックアップしてご紹介したいと思います。

Q、なぜ新幹線には広告がないのか?

(1)東日本企画のやる気がゼロだから。
(2)東日本の社員はみんな電車が大好きであり、新幹線は神聖な場すぎて広告など設置したくない。

やる気がゼロというのは語弊を招くかも知れないっすけど、親会社の体質的にお堅いおじいちゃんが多く「現状維持、げんじょういじ」という意識が高いらしいです。また殿様商売を今までやってきたので、数字に対する執着心も低く、新しい売り上げが見込めそうでも放置しているという体質らしいです。
今は若手を中心に、そういうの変えなきゃ!という思いは強まっているらしいですけどね。

ただそれでも、新幹線は社員にとって聖域すぎて手アカをつけられないというのが深刻。東日本企画は、東日本にお伺いを立ててこういうコトできませんか・・?と相談してからプロジェクトを進めなければいけないため、いくらバイタリティを上げても親会社の体質もあり不可能である。とのことでした。

Q、天井広告、床広告、鏡をつかった広告などいろんなアイデアがあるのに対し、なかなか実施されないのは何故か?

いずれも、安全輸送上の問題でダメ。

いろんなところに広告を設置しちゃうと、混む駅などでは事故が発生する可能性が高くなる。また、同じ理由で、東日本の駅には鏡自体を全く設置しない。
これはいずれも東日本がとっている規制であり、天井広告などは他路線では実現されている。東京メトロなんかでは鏡が設置されているし、交通広告に限らなければ鏡広告は実現されている案。

とのことでした。
質問会ではかなりぶっちゃけた質問と回答が多く、貴重な体験になりました。
交通広告もTVCMとは違った面白さがあり、交通広告のクリエイティブっていうのも、これからこのブログでも多く取り上げていきたいですね。(でも俺あんま電車のらないしなぁ)

タグ: ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

7 月 15, 2008

Posted by: hirose

Category: CM批評

Tags: ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply