「うま!やす!はや!にこ!吉野家」ってCMのキャッチコピーが良い

素人には思い浮かばない領域のキャッチコピーって、あると思うんです。

「うま!やす!はや!にこ!吉野家」ってCMのキャッチコピーが良い

それがこの吉野家のCMで使われてるキャッチコピーかなぁと。

「うま!やす!はや!にこ!吉野家」

吉野家を使うメリットをいれながら、
全体として楽しそうな印象をうけます。

楽しそうな印象って、意識せずにCMみている人からすれば無自覚に認知してる部分ではあるんですけど、あえて明文化するなら、「はやい、やすい、うまいんだけど、最終的にはお客さんがにっこりするサービスですよ」って、伝わってきます。

文字から伝わってくるキャッチコピーのテンポも秀逸っすよね。
これぞプロのキャッチコピーって感じです。

明治大学でキャッチコピーを新入生に考えてもらう機会が毎年あるのです。もちろん素人なので当たり前ですが、同じコンセプトでコピーをつくってもこうなるケースが多いです。

・うまくて安い、僕らの味方。
・うまくて安い、食べて楽しい
・和のファーストフードで日本中を笑顔にします!

・・・・・・・・・・・・

なんというか、熟練度の低いキャッチコピーほぼ初挑戦みたいな方は、意識できてる露出イメージが1次元~2次元なのです。
プロのキャッチコピーをみると、表現方法について3次元くらいあって、たまに4次元くらいいっちゃってる不思議なキャッチコピーもあるくらい。

明らかに、意識してる次元が違ってて、
吉野家のキャッチコピーもとっても刺激になります。

もちろんライティングのその前のコンセプトメイキングもかなり秀逸だと思いますが、こう、なんていうかな、近づいただけで火傷するような、見ただけで刺激になる、そんなキャッチコピーだと、思いました。

 

タグ: ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

8 月 8, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags: ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments (1)

KEITA

11 月 5th, 2009 at 10:28 AM    


「うま!やす!はや!にこ!吉野家」

わたしは違和感を感じました。つながりが悪い。

はや!うま!やす!にこ!、でしょ。
吉野家に入る時を考えてみて下さい。

Leave a reply

Name *

Mail *

Website