「牛丼新時代」って言われるとこれからすき屋がスタンダードな気がしてくる

「牛丼新時代」って言われるとこれからすき屋がスタンダードな気がしてくる

すき屋のCM、去年から流してるキン肉マンのCMなんかも話題性高かったですし、最近また増えてきた印象です。すき屋ってCMをWEBで公開してないので、ニコニコ動画のこれどうぞ。

CM すき家 キン肉マン祭り‐ニコニコ動画(ββ)

ほんとは「豚トロ角煮丼」のCMをさっき見てこの記事書いてるんですけど、
企業キャッチコピーの話なのでどれでもいいや、と思ってキン肉マンのCMを貼り付けました。
デコわく動画とかいう変なコンテンツはもってるくせに)

いや、あのね、タイトルで言いたいこと全部言っちゃった感あるんですけど、

「牛丼新時代」って言われると、

これからすき屋がスタンダードな気がしてくるなあって。

確かに、いままですき屋は牛丼屋として二流なイメージがありました。

この10年吉野家・松屋といった大手がぐいぐいと伸びて定番化していましたが、すき屋は、アメリカ牛の輸入停止などの市況変化を見つめながら、虎視眈々とメニューを充実させて力をつけてきたイメージがあります。
「牛丼新時代」は、すき屋の願いが込められた良いキャッチコピー。

本当にすき屋が牛丼No.1をとってしまったら、強いんじゃないでしょうか。

マクドナルドがデザートやサイドメニューをどんなに充実させても、ハンバーガー屋でトップだからっていう風格があると思うんです。ロッテリアが同じことをやっても、一流に見えないというか。
すき屋が「牛丼」でトップを取る、これすなわち、すき屋がいままで続けてきた麺類や丼ものなんかのメニューも一流になるということ。

そうなると吉野家・松屋にとっては脅威なんじゃないでしょうか。

そう考えるとこの広告、ちょっとわくわくさせてくれるCMですよね。
ちょっとこれから、すき屋をチェックしていこうかと思いますね。明大前にも笹塚にも店舗あるし。

タグ: , , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

1 月 12, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags: , , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply