リクルートCMの住宅情報SUUMO(スーモ)、名前が秀逸すぎる

あっという間に住宅情報として認知が広がり、ガリバーになりつつありますね。

リクルートCMの住宅情報SUUMO(スーモ)、名前が秀逸すぎる

http://suumo.jp/edit/campaign/2009/

 

確かにリクルートの「住宅情報」ブランド(住宅情報タウンズ、~マンションズ、他)は時代とともに影が薄くなっていたように思います。
「住宅情報」ブランドから、インターネット、モバイル、フリーペーパー、市販誌、対面型すべてのサービスを「SUUMO」ブランドへと切り替えていくそうです。

ブランド変更の決断というのは、ライフサイクルもそうですが
やはりインターネット時代の流れもあるみたいですね。
というのも、ネーミングがいかにもネット時代なんです。

 

「住もう」という意味を込め、「SUUMO」とオリジナリティ溢れるユニークなキーワードに落とし込んだのは
やはりインターネットで展開するブランドというのを意識している感ばりばりに感じます。
指名検索(ブランド名での検索)をされるために生まれてきたような秀逸すぎるネーミングだと感動しちゃう。
ブランディングのお手本みたいな名前で、とても参考になります。

 

 

 

 

タグ:

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

8 月 28, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website