松たか子のKIRIN コクの時間でキャッチコピー=商品名の法則をみた

もはや商品名がキャッチコピーなんだな!すると製品開発から広告代理店さんが噛んでるわけですね。かなり上質でプロダクトとプロモーションが一貫生産されている企画現場に毎回毎シーズンうっとりするビール系CMですが、「コクの時間」も相当、うっとりレベル高いっすね。

松たか子のKIRIN コクの時間でキャッチコピー=商品名の法則をみた

松たか子のKIRIN コクの時間でキャッチコピー=商品名の法則をみた

松たか子のKIRIN コクの時間でキャッチコピー=商品名の法則をみた

http://www.kirin.co.jp/brands/kokunojikan/index.html

主演: 松たか子、原田芳雄
商品名:KIRIN コクの時間(贅沢麦)
会社:キリンホールディングス株式会社
キャッチコピー:贅沢麦で「コク」がうまい。

まず松たかこがコクのありそうなオンナ、という点も評価できるわけですが、ことビールにおいては、贅沢麦・コクの時間という商品名そのものがキャッチコピーっぽいというところに、コンビニやスーパーでの消費のされ方にも綿密に計算されているんだろうなぁという妄想をしてしまいます。
というのも、この第3のビールのジャンルというのは、まだ定番商品によって完全に勝負が決まっちゃった感のある売り場ではありません。発泡酒では「麒麟端麗」などの指名買い対象となる強力ブランドがありますが、第3のビールは、もちろん金麦やのどごし生のような定番商品がありつつも、消費者もその場の雰囲気や新シリーズのチョイスなどがホットな市場なのではと予測します。

つまり、清涼飲料水のように、単発売り・企画モノというなかでの新商品乱発ができるジャンルということです。

そうなると、価格も流通経路もガチガチに決まってるし、広告やプロダクトの中身も大差なく、いわゆるマーケティング4Pが完全に完成されたなかで、製品の差別化を打ち出してコンセプトメイキングせねばならないわけですよね。これは「コク」やぞ、これは「クリーミー泡」やぞ、これは「のどごし」やぞ、て感じで。
マーケティング4Pで動けず、コンセプトメイキングだけで「セグメント」「ターゲット」「ポジショニング」を定めなければいけない宿命にあるケースでの、ひとつ良い事例になりそうなCMなのではないでしょうか。

10 月 21, 2010

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website