富士急ハイランド・鉄骨番長のCM、キャッチコピーがイイ

愛着あるキャッチコピーですよね。

富士急ハイランド・鉄骨番長のCM、キャッチコピーがイイ

 

富士急ハイランド・鉄骨番長のCM、キャッチコピーがイイ

 

「またヘンなものを、つくってしまった。」

しかも、ただ愛着があるだけでなく、いろんなことに応用できるキャッチコピーだと思うのです。真似すればするほど、なんか愛着のある商品やサービスになるのではないでしょうか。

 

ブログのキャッチコピーにも使えます。

 

 

廣瀬勝也のクリエイティブ広告論
「また変な記事を書いてしまった。」

 

なんか、不思議と、”どれどれ仕方ない、またちょっとみてやるか。”感がでてきませんか。

既存の製品だってほら、こんなに愛着がわいてきます。

ファンタのCM
「また変なジュースをつくってしまった。」 

 

島田伸助
「また変なアイドルグループをつくってしまった。」

 

 

ソフトバンク
「また変なCMをつくってしまった。」

 

 

ニコニコ動画
「また変なサービスをつくってしまった。」

 

 

ローソン
「また変なおにぎりをつくってしまった。」

 

 

ドミノピザ
「また変なピザをつくってしまった。」 

 

・・・・・・

なんなんでしょう、この”ちょっとチェックしといてやってもいいかな”感。ズバ抜けた愛着。すごく親しみがわいて、マインドシェアを奪われてしまいそうです。

8 月 1, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website