上戸彩が「デュラムおばさんのフィットチーネ」のCM(サッポロ一番)をしてたので購入決定

第一印象は”上戸彩またCM増えてる!”

上戸彩が「デュラムおばさんのフィットチーネ」のCM(サッポロ一番)をしてたので購入決定

デュラムおばさんのフェットチーネ
http://www.durum-obasan.jp/

サッポロ一番がだしたインスタント麺のパスタ。女性がメインターゲットということでCM自体もさっぱり仕上がっていますね。

俺がこのCMをピックアップして記事にしてるのは、
上戸彩がでてるから・・・っていうのもあるけど、
商品のつくりかたが上手いなと感じたからなんです。

広告と商品開発が連動した良いCM、良い商品名なのではないでしょうか。
というのも、インスタント麺のパスタってなかなかコンビニで売ってないじゃないですか。っていうのも、コンビニで美味いパスタ売ってるし、カップめんでパスタを食べたい女性もいないのでしょう。

とくにね、パスタというのはコンビニ各チェーンで熾烈な争いがあるジャンルなんですよ。
おにぎり、サンドウィッチはセブンイレブンが圧倒的にうまかったりするんですけど、パスタはファミリーマートを筆頭にどこのチェーンも頑張ってる。

 

つまりインスタントパスタを若い女性に売る条件は、

いかにうまい商品であるかを伝えることが重要になってくるわけですよね。きっと

 

そんな課題を抱えつつ、味へのこだわりやフィットチーネ(平麺)という新触感から、品質に期待を感じさせる出来栄えです。
最大の訴求ポイントが”美味いインスタントパスタ”てことで、その表現方法が大事になってくるんですけど、

商品のネーミングにすでに
消費者の心を掴む仕掛けが施されてる。

これにきづいた瞬間、すげー!!っておもった。つまり、

「デュラムおばさんのパスタだからきっと美味いんだぜ」
みたいなイメージが沸いてしまう。

 

デュラムおばさんが何者かわからないのに、だ。
もしかしたら料理がニガテなただの事務のおばちゃんかもしれない。
掃除のおばちゃんかもしれないし、忙しくてコンビニ弁当が主食の税理士さんかもしれない。
料理やってる保証なんてないのになんか「デュラムおばさんのパスタだからきっと美味いんだぜ」に繋がってしまう(うっわなんて人間という生き物は適当なんだろう。)。

 

つまり商品名がもうキャッチコピーの機能を果たしてる。

まあ確かに「デュラム」っていう名前もパスタソースみたいな名前だし、
なんか計算されてるんだろうな~。
広告と商品開発が連動した、良い商品だと思います。

タグ: , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

5 月 27, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags: , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website