出前館のCMに石田純一出演、キャッチコピーが奇抜でおもしろい

出前館のCMに石田純一出演、キャッチコピーが奇抜でおもしろい
WEBサービスだけで上場し、10年かけてテレビCMをうつまでになるという、インターネット広告やメディアでベンチャー会社やってる俺には雲の上のような「出前館」のCMが、おもしろいんです。

出前館のCMに石田純一出演、キャッチコピーが奇抜でおもしろい
【出前館は恋の必須アイテム 石田純一】
http://www.demae-can.com/

キャッチコピーは
「出前館は 恋の必須アイテム」。

プロゴルファーの東尾理子さんと付き合ってたりで、石田純一の恋愛はまた旬のネタですよね。
キャスティングと奇抜なコンセプトが光る、完全にプロの技っぽいキャッチコピーです。

出前のCMに恋愛?と、一瞬その奇抜な組み合わせに、なんか石田純一を起用したいだけの抱き合わせ広告なんじゃないかとか思っちゃうほどですよね。
でも実は奇抜でもなんでもなかった。

 

 
出前館の市場は、「食事」なのです。

外食すべてをライバルと見ているのです。

要するにこういうことでしょう:
「食事をする機会のすべてを、出前で。」

 

 

出前館のユーザーの誰もが意識しなかったもっと大きな領域で出前館は闘ってる。

ネット上の出前は需要を掘り尽くしている感は確かにあります。
楽天デリバリーか出前館、この2つで出前は事足りてしまう。

だからこそ需要を創造するために、まずは「恋愛」なのでしょう。女の子を美味しいお店に連れていくなら、自宅で出前とるのもアリだよ!って。(そしてそのままやっちゃえよ!と暗に、上品に示してるのもキャスティングの力なのだろう。)

 

 

うーん、奥の深い広告。
きっと、出前館の運営会社である「夢の街創造委員会(株)」きっと株価あがるんじゃないかなぁ。
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=2484

 

 
 

8 月 23, 2009

Posted by: hirose

Category: キャッチコピー

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website