不安な気持ちにさせて需要をつくる。ロッテ「ACUO」(ガム)

口臭を防ぐガム「ACUO」のCM。こういうエチケット商品は、買う人が必要と思わなければ買わないものである。不必要な人にとっては永遠に「いらない」。それを必要にスイッチさせる広告とは?ロッテ「ACUO」から学んでみよう。

不安な気持ちにさせて需要をつくる。ロッテ「ACUO」(ガム)

お口の恋人 ロッテ|知る・楽しむ|TVCM

ここまで極端な息の臭さは、クリエイティブな表現方法のひとつ。面白いCMを作る要素として一役買っている。ただ「息、大丈夫ー?」と投げかけられて、ハッとなる人もいるのではないだろうか。この気付きこそが、不必要を「必要」に変える魔法の広告手法である。

「あ・・・俺、ちょっと大丈夫かな・・。」

そう不安にさせれば、CMの勝ちである。

ただし、息が臭いという噂が女子社員のあいだでこっそり広まり、口臭王子と陰でこっそり呼ばれているようなリアルすぎるCMにしてしまうと、それはそれで需要をかなり生むかもしれないが、CMのインパクトが強すぎる。そのガムを持ってると「この人、口臭気にしてるんだ」と周りに思われかねない。買いやすさを考慮すれば、これくらいの明るさとおふざけ感が大事なのかも。

■ 今日のクリエイティブ広告論

不安にさせて、需要をつくれ!

ただし不安にさせすぎると商品ブランドを傷つける諸刃の剣。気をつけて宣伝しよう。

タグ: , ,

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

5 月 14, 2008

Posted by: hirose

Category: コンセプト

Tags: , ,

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply