グリコ・カフェオーレはかわいいアイテムになろうとしている

美味しいですよね、これ。でも昔は甘いカフェオレ飲料として子供向けだった気がするので、女子向けのCMに切り替わったのって最近なんじゃないでしょうか。

グリコ・カフェオーレはかわいいアイテムになろうとしている

グリコ乳業 カフェオーレ
http://cafe-ole.jp/

学生なら自分の机のうえ、OLならデスクのうえにちょこんと置いてあるとかわいい。そんな存在になろうとしてるのではないでしょうか。

実は毎朝コンビニで買う飲料って購買意思決定の決め手としては値段や種類、気分はもちろん”持ってて恥ずかしくないか””持ってて、かわいいか”という判断軸もあると思うのです、特に女子は。

そんな判断基準をもつ女子たちに新しい提案として”グリコ・カフェオーレ”。
新しいコンセプトを打ち出したカフェオーレ、新たな土俵で勝つことができるのでしょうか。

というのも、

 

 

”デスクのうえにちょこんと置いてあるとかわいい”とコンセプトをくら替えしたその時点で、すべてのコーヒー飲料は味勝負ではなくなるしライバルでもないと思うのです。

”ちょこんと置いてあるとかわいい飲料”をコンセプトにした場合、具体的なライバルは、リプトンだと思うのです。

コンビニのジュースの棚も、コーヒー系・紅茶系・果実系・炭酸系・お茶系・ミルク系と、500ml紙パック、1L、ペットボトル・・・・と行儀よく種類用途別にわかれておりますが、
コンセプトという軸で選びなおすとリプトンとカフェオーレが実はライバルだったり、見方が変わってくるものと思っててひそかにコンビニでは楽しんでおります。
脳内にコンセプトフィルターっていうのがあって、それを通してコンビニの棚をみるんです。するとね、脳内で陳列棚がぐにゃぐにゃまがって、”かわいい飲み物””持ってるだけでモテる系ジュース”とか、あるいはカップめんなら”体に悪いものをおもいっきり食べたい時のカップめん””スープ飲み干したい系”とか、普通の製品軸とか違ったコンセプトごとに並び返されるのです。コンビニにいくとたまにそんな変態みたいなことしてるので、一緒にコンビニ行く方は廣瀬のこと観察しててください。

 

今度、グリコ・カフェオーレがちゃんと売れてるか、勤めてたセブンにデータでも見にあそびにいこうかな。

 

 

 

タグ:

この記事を読んだ人に、こんな記事もオススメです

8 月 6, 2009

Posted by: hirose

Category: コンセプト

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website