広告のテンプレート「利用シーンを提案」→南明奈、広瀬アリス「クールミントガム」LOTTE

「クール」「ミント」「ペンギン」という商品特性から、夏はいいにしても秋冬シーズンに苦戦しそうな印象もあるLOTTEのクールミントガム。しかしながら、なかなか秋冬にも手にとってもらえそうな良い広告を9月に投入してきました。

広告のテンプレート「利用シーンを提案」→南明奈、広瀬アリス「クールミントガム」LOTTE

広告のテンプレート「利用シーンを提案」→南明奈、広瀬アリス「クールミントガム」LOTTE

http://www.lotte.co.jp/entertainment/tvcm/1009coolmint/index.html

主演:南明奈、広瀬アリス
商品名:クールミントガム
会社:LOTTE
キャッチコピー:お口の中に、風が吹く。

これ、広告コンセプト(伝えたいこと)が、「キスがうまくなるよ」というところに注目しました。クールミントガムを食べると息がリフレッシュするからキス気にならない!大胆になれる!とかそういう方向だと思うのですが、様々な切り口のターゲットに対して利用シーンを新たに提案する、ということは、広告のテンプレートともいえる基本パターンであると思っています。

秋のように、夏から急激に気温が下がったりすると、その「気温差」がファクターとなって様々な秋需要が巻き起こるわけですが、その一例がコンビニおでん。コンビニおでんが売れるのは、気温差が一番激しい10月下旬~11月あたりで、以外にも12月~2月はピークの3分の2程度の推移なんですね。
同じく、様々な秋需要が巻き起こる中で、恋愛や人肌恋しさというのもひとつの季節キーワードなのではないかと思うわけです。夏の開放的なイメージから、様々なお菓子や飲み物も、しっとりとした片思いや恋愛、心暖かくなる表現、人肌恋しさに刺激を与えるCMなんかも増えますが、クールミントも、商品自体の夏イメージをうまく払拭する季節需要への提案をうまく試みれているのではと、思うわけです。

コンセプトメイキングがうまいCMとして参考になると思います。

また個人的にはこのCMに対しては課題が散見される印象も。

・・・というのも、南秋奈さんのキス顔よりかはアリス氏のキス顔によりクローズアップして注目したく、さらなる研究および解析のタスクが残ってしまったと思われます。TVに流れる前の生プロジェクトファイルの入手、動画におけるキス部分のくちびるの動きをタイムラインで追い輪郭各種の動きの関数化を求めると共に、動画のコマ割りから静止画データの書き出し、画像解析から、ソフトウェアを用いた分析を経て、画像から様々な情報を定量的に抽出する必要性が急務です。

ということで、TVに流れる前の生プロジェクトファイルの入手に是非LOTTEさんに協力を頂きたいのですが、どうしたらいいでしょうかね。皆様のアイデアをお待ちしています。

10 月 10, 2010

Posted by: hirose

Category: コンセプト

Tags:

このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website